時事特集ブログ

http://jijitokublog.jugem.jp/
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PR
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 陸上自衛隊DVD異例の1位 | main | パズドラ2 について >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    サービス勝負 健康相談、使い放題アプリ…
    0
      携帯電話3社はこの夏、サービスで顧客獲得を競う。スマートフォン(多機能携帯電話)のアプリのパック販売や有料サービスを充実させ、通話・通信料以外で収益を底上げする戦略だ。スマホ端末の高機能化で性能の違いを出しにくくなってきたことが背景にある。ソフトバンクは夏商戦で昨年より2機種多い6機種のスマホを発売する。孫正義社長は「スマホはソフトの更新ができ、端末の差別化がしづらくなった。新サービスで特徴を出す」と話す。目玉の一つは専用リストバンドを使った有料健康管理サービスだ。消費カロリーや睡眠時間などのデータを計測し、医師や栄養士らによる24時間の電話相談サービスも導入する。NTTドコモは、約100種類のアプリが使い放題の有料サービス「おすすめパック」を提供し始めた。保管できるデータ容量を拡大でき、利便性を向上させた。KDDI(au)も約500種類のアプリが使い放題のauスマートパスを拡充、チケット販売大手ぴあと提携しコンサートチケットの先行予約などができる。従来型携帯電話からスマホへの買い替えを促すため、6月にスマホの貸し出しや自宅で利用相談に乗る有料サービスも始める。調査会社MM総研によると、国内携帯電話契約数に占めるスマホの割合は2012年度が37.2%だった。13年度末には約半数になると予測する。サービス重視への転換は「スマホ市場は買う時代から、使う時代に移った」(田中孝司KDDI社長)との判断がある。それを裏付けているのが投入機種の絞り込みだ。ドコモは3社で最も多い10機種のスマホを発表したが、韓国サムスンとソニーの人気2機種を中核機種に据え、販売価格も最大2万円値引きする。従来型からの買い替えや、他社からの移行を加速させる考えだ。KDDIは、年末・春を商戦のピークと位置づけ、夏商戦は過去最低の4機種の投入にとどめた。今後、メーカー選別の動きが強まることも避けられそうにない。経営再建中のシャープは省エネ液晶パネル「IGZO(イグゾー)」を搭載したスマホを再建の柱に掲げているが、ドコモの中核機種からは外れ「電池の持ち時間が長いなど評判がいいだけに残念」(シャープ幹部)と肩を落とす。「携帯3社の機種絞り込みが強まれば、事業から撤退するメーカーも出てくる」(アナリスト)との指摘もある。
       

      いびき解消まくら
      胃潰瘍 症状 初期
      胃潰瘍の症状
      胃潰瘍 治療
      胃潰瘍 食事
       

      | - | 00:41 | comments(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:41 | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする